閉じる
For Working Adults

社会人の方へ

あなたも柔道整復師に!人生を変える新たなスタートを切ろう!

独立や転職を考えている社会人の皆さん、こんにちは。皆さんが柔道整復師を目指して専門学校に入学することをお勧めしたいと思います。そう、あなたが夢中になれる新しいキャリアの世界があなたを待っているかもしれません。

柔道整復師とは、筋肉や骨格の歪みや不調和を診断し、それを整える専門家のことです。身近で言えば整骨院や接骨院の先生が持つ国家資格です。この職業は、日々の生活やスポーツ中の怪我や不調を治療するだけでなく、人々が心身ともに健康で活力にあふれた生活を送るためにも必要不可欠な存在です。

さまざまなキャリアの持ち主が学ぶ

関東柔道整復専門学校にはさまざまなキャリアを持つ学生が学んでいます。

例えば、元力士や元プロ野球選手、元インストラクターや現役のプロトレーナーも学生として関東柔道整復専門学校で学んでいます。スポーツに関係した仕事をしていた方々だけではありません。まったく別の分野から整骨院の先生に憧れ、「自分も地域医療、地域の健康を支えていきたい」とご入学した社会人の方も、さらに会社の倒産をきっかけに「二度と倒産しないように」と「独立開業」を目指し、入学した学生など、一度はさまざまな分野で活躍した方々が、将来の仕事として柔道整復師を選択し、柔道整復師の国家資格を取得して、整骨院・接骨院の先生やスポーツトレーナー、病院や福祉関係の職場または、柔道整復師養成校の教員としてご自身の夢を叶えています。

もし、柔道整復師を目指す理由が何かある場合は、それを大切にしてください。例えば、スポーツが好きだから、人の役に立ちたいから、自分自身の身体のメンテナンスをしたいからなど、様々な理由があるでしょう。あなたが目指す柔道整復師像を明確にし、その目標に向かって努力することが大切です。

また、柔道整復師という職業は、自己研鑽が求められる職業でもあります。新しい技術や知識が日々進化していく中で、常に自己研鑽を怠らず、自己成長を目指すことが必要です。

 

履修認定申請ができます!

社会人の方は、大学等にて学んだ次の授業科目について履修認定の申請が可能です。授業科目の内容について審査のうえ、互換性があると判断された場合は、履修免除科目として単位認定されます。

分野       基礎分野

授業科目名

  1. 心理学
  2. 薬理学
  3. 生物学
  4. 健康科学
  5. 英語
  6. 情報リテラシー(ワード・エクセルのパソコン操作)

決断の時

社会人のみなさんは、どのような基準で転職活動するのでしょうか?

就職活動をしていく中で、これまでの「キャリアをさらにアップさせたい」「収入面を重視し転職したい」「新しい分野へ挑戦したい」「資格を取得し、独立」など様々な夢を抱き、ご自身の将来を設計していくものと思います。

しかしながら、「今のままがいいのではないか」「転職して成功できるのか」等の迷いや不安が当然出てくるものです。

それでも、今、これまで歩んだ方向と少し違った道を進んでみようを考えている。そう考えている今がまさに「決断の時」なのです。

転職して成功している社会人の方も、世の中には沢山います。やはり、そのような勝ち組になる社会人の方々に共通して言えることは、1歩踏み出す決断力があるということです。

幸せな人生を過ごすためにも、転職に対してしっかりとした考えと、間違いない仕事を決定する正しい決断力が必要となります。転職を考えている社会人のみなさんは、勇気を持って1歩踏み出す決断をしてください!

整骨院・接骨院の先生、スポーツトレーナー、病院勤務、福祉施設勤務、独立開業と職域の広い柔道整復師の国家資格取得者は、現在、売り手市場が続いております。超高齢化社会に突入している今、地域医療や健康維持に関わる仕事の柔道整復師は、需要の拡大と売り手市場が今後も続くものと考えられます。

 

独立開業で生涯働ける仕事・生涯年収もポイントに!

大学生や短大生が就職後3年以内に退職する率いわゆる離職率は40%と言われています。

現在では、さまざまな求人媒体や転職環境の変化で、転職をしようと思えば、それほど難しくないのかもしれません。しかし、その中には将来性の乏しい企業や10年後には消滅すると言われている職種もたくさんあります。このような企業に転職したら、これまで築き上げたキャリアそのものが、無駄になってしまう事もあります。そのような事にならないためには、将来的にも有利で安心な企業に転職する必要があります。

将来的にも有益で生涯働けるものとして、医療専門職の柔道整復師(整骨院・接骨院の先生の資格)があります。柔道整復師は、整骨院・接骨院の独立開業のほかにスポーツ分野や福祉関連分野など非常に職域が広く、将来的にも有利なうえ安心であるとともに、まだまだ人手不足で困っている現場が多いことから、完全な売り手市場のため柔道整復師の国家資格取得者は有利となります。絶対にチャレンジしてみる価値はあります。

 

もう1つ大事なポイントは、定年までの生涯年収を考えて転職先を選んでいるかということです。社会人のみなさんは1年目の年収を、どれくらいで考えていますか?

柔道整復師の平均年収初任給は約300~400万円と言われています。経験年数やスキル、会社への貢献度に応じて、数年で500~600万円程度にまで昇給できる可能性もあります。独立開業した場合はこれ以上の高収入を得ている人もいますが、地域によっても年収に違いも出ているようですが、定年までの生涯年収を考えても転職を考えている社会人の方には魅力的な仕事です。

最後に

専門学校に入学することで、新たな人脈を築くこともできます。同じ目標を持った仲間や、先輩や教師との交流を通じて、自分自身の成長につながることができます。

あなたが独立や転職を考えている社会人であっても、柔道整復師になることは十分に可能です。柔道整復師には、20代から50代まで様々な年齢層の人たちがいます。また、転職や独立する際には、人生経験を活かして、より深い視点や洞察力を持って活躍することもできます。

柔道整復師は、患者さんに対して人間的なアプローチを大切にする職業でもあります。患者さんとの信頼関係を築き、心身ともに健康で活力にあふれた生活を送るためのサポートをすることが、柔道整復師の重要な役割です。そして、そのサポートが患者さんの笑顔や感謝の言葉につながることが、柔道整復師のやりがいでもあります。

もし、柔道整復師を目指すことに興味を持ったのであれば、今すぐ行動を起こすことをお勧めします。まずは、専門学校について調べ、見学や説明会に参加してみましょう。自分自身が柔道整復師に向いているのか、どのような学校が自分に合っているのかを確認し、自分自身の可能性を広げていきましょう。

そして、柔道整復師を目指すことで、新たなキャリアや人生が待っているかもしれません。自分自身の成長と共に、多くの人々の健康と笑顔を支える柔道整復師として、新たなスタートを切ってみませんか?