閉じる
Collaboration with sports teams

プロスポーツチームとの連携

「立川アスレティックFC」「立川ダイス」との連携

プロスポーツチームとの連携は本校の悲願であり、「スポーツトレーナーのスキルを持った柔道整復師」の育成に取り組む本校と地元立川市を本拠地とするプロフットサルチーム「立川アスレティックFC様」プロバスケットボールチーム「立川ダイス様」との連携により様々な形で「学生の学びの場の提供」「地元、立川市への貢献」が可能になるものと思っております。

トップチーム、ユースチームの試合会場や練習現場をインターンの場として活用させて頂き、トップチーム専任のトレーナーやユースチームトレーナーに帯同させて頂き、プロ選手のトレーニングやケアを身近に感じ、体感することで学生自身の経験値と知識を高めます。

また、チームのフロントスタッフやチームスタッフに講義を行って頂き、トレーナーが現場でどのような心構えをもって仕事をしているかや、スポーツチームで働くうえでどのような勉強を今のうちからするべきかといった事などを学習していきます。

関東柔道整復専門学校「立川アスレティックFC」「立川ダイス」との連携

この連携により、プロスポーツ現場での充実した実習やプロの現場感、チームトレーナー様との関りやプロスポーツチームの運営、ボランテイア活動など様々なことを体験することにより、本校が養成する「スポーツトレーナーのスキルと知識を持った柔道整復師」に近づいていけるものと思います。

関東柔道整復専門学校は「スポーツトレーナーのスキルと知識を持った柔道整復師を養成する」をモットーに人財育成を行っており、”スポーツに強い柔道整復師”を育成しております。
この連携によって「スポーツ」と「地域医療」さらには「予防医療」など健康増進に繋がる活動を共に実践していければと考えております。

「プロスポーツ団体」と「医療系の専門学校」との連携でスポーツトレーナーのスキルと知識を持った柔道整復師を養成します。

東京の柔道整復専門学校には、プロスポーツチームとの連携を行っている専門学校も多くありますが、関東柔道整復専門学校は、地元立川市を拠点とするプロスポーツチーム、立川アスレティックFC様と立川ダイス様を応援します。

 

 

 

一般社団法人 立川アスレティックFC 代表理事 皆本晃

一般社団法人 立川アスレティックFC 
代表理事 皆本晃

一般社団法人 立川アスレティックFC 
代表理事 皆本晃からのコメント

チームが立川に移転することになり、私自身、代表者と選手を兼務するという大きなチャレンジをしました。
日本のトップリーグでは、ほとんど前例がない、とても大きなチャレンジです。
しかし、ピッチ上と同じで当たり前のことを当たり前にしっかりと積み重ねていきます。
魔法の方法や近道などありません。

スポーツで、人生に大きな夢と、毎日に小さな彩りを

この理念を実現するために、立川市を中心とした多摩地域の方々にスポーツで大きな夢を与えられる存在となります。

この度、関東柔道整復専門との連携についても、私たちにとっても、チャレンジです。
「柔道整復師という国家資格取得を目指す学生」が「フットサルのプレイヤー」であること、それだけではありません。
競技を続けたい学生の皆さんをフットサルコートに受け入れ、思う存分プレーを楽しんで頂きたいと思います。
さらに、実力次第では、プロ選手としての契約まで視野に入れております。
まさに「大きな夢と毎日の小さな彩りです」国家資格の柔道整復師は、活躍できるフィールドも広く、街の接骨院・整骨院の先生やスポーツトレーナー、さらには介護福祉分野でも活躍することのできる「医療の国家資格です」立川アスレティックFCに帯同してくれているトレーナーも柔道整復師の国家資格を持っています。
関東柔道整復専門学校は、「スポーツトレーナーのスキルと知識を持った柔道整復師を養成する」をモットーに人財育成を行っており、”スポーツに強い柔道整復師”を育成しております。
この連携によって「スポーツ」と「地域医療」さらには「予防医療」など健康増進に繋がる活動を共に実践していければと考えております。
「プロスポーツ団体」と「医療系の専門学校」のコラボレーションにご期待ください。

 

立川アスレティックFC