閉じる

インタビュー
スポーツトレーナーのスキルを持った柔道整復師を目指したい!

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
2022年11月15日
Interview
在校生インタビュー

鈴木奏七さん

私は、スポーツトレーナー養成コースに魅力を感じ、関東柔道整復専門学校に入学を決めました。
スポーツトレーナー養成コースでは現役のスポーツトレーナーの先生から現場のことが学べるので、関東柔道整復専門学校に入学してよかったと思います。
また、立川駅のすぐ近くなので、通学時間があまりかからないことも決め手になりました。授業は包帯学の実技授業が楽しいです。
包帯の巻き方が難しい時もありますが、友達と相談し合って先生の見本に少しでも近づけるようにしています。上手に巻けた時に先生が褒めてくださるので、モチベーションに繋がっています!!

卒業後はスポーツトレーナーのスキルを持った柔道整復師として、スポーツトレーナー業と整骨院開業を両立できたらと思っています。
そのために少しでも多くの知識を付け、まずは柔道整復師の国家試験合格を目指して頑張りたいです。

学校からの紹介
関東柔道整復専門学校の大きな特徴の一つである、スポーツトレーナー養成コースに魅力を感じて入学してくれた鈴木さんですが、関東柔道整復専門学校のスポーツトレーナー養成コースの魅力は、現役のスポーツトレーナーの先生から実際に活動している現場の仕事が学べることだと話してくれています。

柔道整復師学科の授業でも包帯がうまく巻けると先生が褒めてくれるので、モチベーションに繋がっているなど、本科の実技も一生懸命に取り組んでいます。
まずは、柔道整復師の国家資格取得。そして将来は、スポーツトレーナーと整骨院の先生を両立し、開業するという目標を持っています。