第3期生(2008年卒業) 

アシツク整体院 院長 川端翼先生

本校のすぐ近く、立川駅南口にて「足から体を創る」をコンセプトにした アシツク整体院 を開業されている川端先生。

最初に開業された整骨院で取り扱いを始めた医療用インソール(フォームソティックス・メディカル/あしか協会)の意義を強く感じ、治らない症状が足に由来するものであることの多さに気付かれたそう。 

「海外では『足科』があり、予防を含めた治療を行うことで、子どもの成長痛などの悩みにも対処でき、『もっとスポーツが上手くなりたい!』など、違う形へ導くことができるんです」と川端先生。 

「関東柔整在学中から研修、そして就職して長く勤めた治療院は、鍼灸の治療もあり、またスポーツ障害にも多く関わる院でした。その環境の中で、柔道整復師に加え鍼灸師、さらにAT(アスレティックトレーナー)の資格を取ることにつながりました。」 

そうした施術に特化したアシツク整体院 へと経営スタイルを変えたことで時間の活用ができるようになり、ご自身のお子さんが育つ環境でもある地元・立川との関わりを大事にしたいと、立川青年会議所に加入、半年間の活動を評価され、MVPとして表彰も受けられたそうです! 

関東柔整とのつながりも大変大事にしてくださる川端先生。ここ立川で、柔道整復師としてのケア方法を通して、誰もが求めている健康の基本となる医療の提供に携わる姿を見せて頂きました。

関東柔道整復専門学校