柔道整復師になるには? ~大学と専門学校の違い~

柔道整復師になるには?
~大学と専門学校の違い~

柔道整復師とは「身体のスペシャリスト」です。

人体の骨折、脱臼、捻挫、打撲などの患部を整復し、スポーツや不慮の事故による運動器官の皮下損傷をメスを使用することなく治療をすすめていくのが柔道整復師の仕事なのです。例えば、骨、筋肉、腱をはじめ靭帯、関節包、椎間板などの関節円板や関節半月、関節軟骨を対象に、骨折や脱臼、打撲、捻挫、突き指、ぎっくり腰やムチウチなどの症状に対して施術を行っていきます。施術は、「整復」、「固定」、そして手技療法、運動療法、物理療法の「後療」が主体で、これらをもって人間に本来備わっている「自然治癒力」を高めていきます。近年では介護現場やスポーツ界にも活躍の場を広げており、「柔道整復師の国家資格を持ち」スポーツトレーナーとして活躍している柔道整復師も多く存在します。

柔道整復師になるためには大学(4年)と専門学校(3年)の違いがあります。

ここでは大学(4年)と専門学校(3年)の違いについて映像をご覧ください。

大学(4年)専門学校(3年)それぞれに特徴がある事がご理解頂けたと思います。

どちらも学費負担は大きく、決して安いものではありません。しかし、柔道整復師という国家資格は国家資格としてのステイタスはもちろん。将来においても非常に社会貢献度の高い国家資格であり、さらに、今後、スポーツ界や介護現場などでも活躍が期待される職業です。是非、柔道整復師としてご自身の夢を実現させましょう。

 

契約賃貸業者・学生寮・学生マンションのご紹介

進学するにあたって一人暮らしを始めるという方も多いと思います。本校では「賃貸契約業者」「学生寮」「学生マンション」のご紹介もさせて頂いております。生活環境は学生生活にとって非常に大きな要素であり、国家資格取得を目指す皆さまには学習環境の充実は必須項目です。本校ではより良い生活環境、学習環境を獲得して頂くために住環境のご紹介をさせて頂いております。