柔道整復師学科

柔道整復師学科(3年課程)

昼間部 9:30~15:00

定員 60名

目指せる資格 

柔道整復師(国家資格)

卒業後の進路 

整骨院・接骨院勤務

整形外科・クリニック勤務

独立開業・スポーツトレーナー

スポーツトレーナー養成コース(附帯教育)

修業年限2年(週2回 火・金)

授業時間13:30~16:40

定員30名

開設の目的

国家資格を持ってスポーツトレーナとして活躍する人材育成を目指す。

柔道整復師とは

応急処置のプロ

骨折、脱臼、捻挫、打撲などスポーツや不慮の事故などで起きた急性の外傷(ケガ)を施術、治療を行う。

職域について

職業選択の幅が広い。開業権があるので地域医療を担い手として整骨院、接骨院を開業できます。もちろん、診察、診断、施術は自分で判断し治療を進めるので責任は重大ですが、やりがいは大きく健康保険を適用した治療が可能です。

さらに、整形外科や介護施設、スポーツ界でも需要が高待っています。

スポーツトレーナーのスキルを持った柔道整復師を養成

「スポーツトレーナー養成コース(附帯教育)」をスタートさせ、医療の国家資格でスポーツを支える!をモットーに「スポーツトレーナーのスキルを持った柔道整復師を養成します。」スポーツ現場でご活躍されている本校自慢の「超一流の講師陣」を迎え、「柔道整復師としてスポーツ界でトレーナーとして活躍する」ための「スキルや知識」を在学中に身に付けます。卒業後は、整骨院や接骨院または整形外科やクリニックで勤務しながら、または、独立開業し、アスリートやプロスポーツ選手などのトレーナーとして活躍できる人材育成を致します。しかし、この「スキルや知識」は決してアスリートやプロスポーツ選手のためだけのものではなく、子供から高齢者への運動指導、健康指導としても十分に役立つものだと考えております。柔道整復師として人生100年時代の地域医療を第一線で担っていく人材の養成こそがスポーツトレーナー養成コース(附帯教育)の目的でもあります。

3分でわかる「関東柔道整復専門学校」

JR立川駅からの道順