在校生インタビュー

在校生インタビュー

柔道整復師をめざす学生たち。
みんな同じ目標に向かって毎日頑張っています。

スポーツに関わっていきたい

柔道整復師学科3年 田所 祐海 YUMI TADOKORO

柔道整復師学科3年田所 祐海YUMI TADOKORO

東京都立成瀬高等学校卒業
⇒関東柔整入学

関東柔整を選んだ理由は、家から通いやすいこともありましたが、体験入学に参加した時に、先生と在校生の距離が近くとても楽しそうだという印象を受けました。実際の授業では個性的な先生も多くわかりやすく楽しく学んでいます。また、1年次から国家試験を意識した内容となっている為、早い時期から対策することができ、さまざまな知識が身についていることを実感しています。学校生活はクラスメイト達と協力して授業の前に課題に取り組んだリ、実技の練習をするなど、男女や年齢の壁を越えて皆で和気あいあいと切磋琢磨しています。柔整師の資格取得後には鍼灸師の資格にもチャレンジしたいと考えています。そして将来はトレーナーなどスポーツに関わっていきたいと思っています。

スポーツに関わっていきたい

夢はプロ野球選手のトレーナー

柔道整復師学科3年 内藤 佑輝 YUKI NAITO

柔道整復師学科3年内藤 佑輝YUKI NAITO

山梨県甲府市立甲府商業高等学校卒業
⇒関東柔整入学

関東柔整には高校の野球部の先輩が学んでいて、良い学校だと聞いていました。実際に学校を見学して、明るい雰囲気で印象も良く、ここなら楽しく勉強ができそうだなと思いました。授業は実際の現場で活躍している先生方が行っているので、現場での体験を交えた話をしてくださりとても分かりやすいです。質問もしやすい雰囲気なので、分からないことがあればすぐに聞いて解決するようにしています。クラスメイトともお互い教え合うなどしながら、皆で成長できる関係を築いています。夢はプロ野球選手のトレーナーになること。現場で一人でも多くの選手のコンディショニングやメンタルのケアができる柔整師になりたいです。そして色々な経験を積んだ後に整骨院を開業したいと考えています。

夢はプロ野球選手のトレーナー

心のケアもしっかりできる柔道整復師に

柔道整復師学科3年 伊原 花蓮 KAREN IHARA

柔道整復師学科3年伊原 花蓮KAREN IHARA

山梨県立笛吹高等学校卒業
⇒関東柔整入学

小さい頃からバレーボールやバスケットボールをしていて、怪我をするたびに整骨院のお世話になっていました。ある時、バスケットボールの試合に怪我で出られなくなり落ち込んでいた自分を、“ベンチから選手をサポートすることも大事だよ”と先生にアドバイスをいただき、その言葉で自分がやるべきことに気付かされ、気持ちが楽になったことがありました。怪我の治療だけでなく、コミュニケーションをとることで、心のケアもしてくれる。そんな先生に憧れて、柔道整復師をめざしました。関東柔整は体験入学に参加した時に、先生の丁寧な説明や学校の雰囲気に魅力を感じ、ここなら自分も楽しく学べそうだと思い選びました。実際に授業は、先生方の臨床現場での経験を交えた内容で、教科書に載っていないこともあり毎回興味を持って学んでいます。クラスの雰囲気はとても明るく、クラスメイトもみな仲が良く、分からないことは教え合うなどしています。将来は、コミュニケーション能力を身に付け、たくさんの患者さんを笑顔にできる柔道整復師になりたいと思います。

心のケアもしっかりできる柔道整復師に