卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

苦労して勉強した学生時代が開業への礎に

2006年卒 第1期生 臼田 学人 HISATO USUDA 接骨院開業

2006年卒 第1期生臼田 学人HISATO USUDA

専門学校卒業⇒社会人⇒関東柔道
⇒臨床経験を積み、みどり堂整骨院開業

柔道整復師を目指したきっかけは、前職は機械に携わる仕事であったため、もっと 人の笑顔とふれあえる仕事がしたいと思うようになったからです。関東柔整卒業後、臨床経験を重ね整骨院を開院することが できました。開業時は機材の購入やさまざまな事務処理、手続きなど、施術以外のことで苦労しました。また整骨院開業後 は、手技技術はもちろんのこと、経営能力も問われます。日々責任の重さを感じていますが、「一人ひとり丁寧に接すること」、「細 かいところまで気配りすること」、「院内は清潔に保つこと」を念頭に置き、仕事に専念してきました。今は多くの患者さんから感謝していただけるようになり、理想の整骨院に一歩ずつ近づけているように思います。学生時代、電車の中で友人と国家試験の問 題を出し合ったり、お互いにわからないところを教え合ったりと、勉強に苦労しましたが、私にとってそれが大切な財産になりました。これから柔道整復師をめざす方には、しっかりと専門知識、技術を身につけて、柔道整復術を極めてほしいと思います。

苦労して勉強した学生時代が開業への礎に

女性が安心して施術を受けられる整骨院に

2012年卒 第7期生 川田 明子 AKIKO KAWADA 整骨院開業

2012年卒 第7期生川田 明子AKIKO KAWADA

大学卒業⇒社会人⇒関東柔道
⇒臨床経験を積み、あき整骨院開業

以前はフィットネス・クラブで運動指導の仕事をしていました。ストレッチなど健康維持を目的とした簡単なものでしたが、身体に故障を抱えている方も多く、何とか力になってあげたいと思うようになりました。柔道整復師の資格を知ったのもこの頃です。資格を取得できる学校をいくつか調べましたが、関東柔整は働きながら学ぶことができ、通いやすかったのが選んだ理由です。学校には毎日仕事を終えてから通学していました。仕事と学業の両立は、決して楽ではありませんでしたが「身体を痛めている人たちの力になってあげたい」という目標のため、頑張ることができました。現在は自身の整骨院を開業し、日々患者さんのケアに努めています。来院する患者さんは、身体はもちろんですが、心にも悩みを抱えているケースもあります。人の身体に触れる仕事ですから、心身ともにケアできるよう心がけています。女性の患者さんが安心して施術を受けられる整骨院をめざしています。これから柔道整復師をめざす人は、人が好きで人に興味が持てる人に向いている仕事です。夢に向かって頑張ってほしいです。

女性が安心して施術を受けられる整骨院に

トレーナーをはじめマネージメントなど幅広く経験していきたい

2012年卒 第7期生 上野 大輝 HISATO USUDA スポーツトレーナー

2012年卒 第7期生上野 大輝HISATO USUDA

高等学校卒業⇒関東柔整
⇒笑顔道整骨院勤務⇒横浜FC

私は高校まで野球をやっていましたが、怪我で野球が出来ない時期があり、苦しく悔しい思いを経験しました。そんな時に、同じ思いをする人を自分の手で助けることができればと考えたのがこの道をめざしたきっかけです。関東柔整の一番の魅力は、実技の授業が多かったこと。技術に関しては経験と反復が重要だと考えていました。授業では先生方が実際に経験した症例を沢山教えていただき、毎回ワクワクしながら授業を受けていました。卒業後は整骨院、トレーナー派遣など様々な事業を展開する現在の会社に就職。整骨院を経て現在Jリーグの横浜FCでトレーナーとして、選手のコンディショニングを含むケアなどのサポートをしています。プロサッカー選手のケアなので、責任の重い仕事でプレッシャーもありますが、自分が担当した選手が全力でプレーしている姿を見ている時が一番嬉しいです。当面はJリーグでトレーナー活動をして行きたいと思っていますが、今後はさまざまなことを経験し、ゆくゆくはグループ会社の経営にも携われればと考えています。(2018年3月取材)

トレーナーをはじめマネージメントなど幅広く経験していきたい

色々なことにチャレンジし、仕事の幅を広げたい

2012年卒 第7期生 酒井 愛梨 AIRI SAKAI 整形外科勤務

2012年卒 第7期生酒井 愛梨AIRI SAKAI

高等学校卒業⇒関東柔整
⇒あすなろクリニック勤務

小学校の頃からずっとサッカーをやっていてよく怪我をしました。膝を痛めて2ヶ月間練習できない時があり、チームのトレーナーさんから柔道整復の事を聞いて将来は自分と同じように痛みを抱えている人を助けてあげたいと思うようになりました。関東柔整を選んだのは、現場で研修をしながら学ぶことができたから。現在の勤務先は、学生時代に研修をさせていただいていたクリニックで、患者さんのリハビリ指導、支援を中心に忙しい時は受付業務等、クリニック内の業務をくまなく担当しています。患者さんはその日の体調によって症状も変わり、メンタル面のケアも含めコンディション管理が重要。まずは笑顔で話しかけることを心がけています。悩んでいる患者さんがいれば、原因を引き出してあげることも、私の大切な仕事であると思っています。最近はケアマネージャーや機能訓練指導員など介護・福祉分野の仕事にも興味があり、もっと勉強して仕事の幅を広げていきたいです。これから柔道整復師を目指す人は、勉強は楽ではありませんが、やりたい事だったら必ず続けられると思うので初志貫徹で頑張ってほしいと思います。

色々なことにチャレンジし、仕事の幅を広げたい

育成分野のトレーナーとして幅広く活動していきたい

2011年卒 第6期生 河手 直美 NAOMI KAWATA 整形外科勤務+
スポーツトレーナー

2011年卒 第6期生河手 直美NAOMI KAWATA

大学卒業⇒社会人⇒関東柔道
⇒整形外科に勤務しながら
三菱養和SCでスポーツトレーナーとして活動

子供の頃からサッカーが好きで、将来はサッカーに関わる仕事をしたいと思っていました。大学卒業後、接骨院に就職しま したが、どうしてもトレーナーになりたくて関東柔整に入学しました。柔道整復師の資格が欲しかったのは、外傷の応急処置が できる医療免許が必要だったからです。卒業後は整形外科で働く傍ら、三菱養和SCでトレーナーとして活動しています。 トレーナーという仕事は随時募集をしているわけではないので、私の場合はボランティアと言う形でチームに携わり、徐々に経験 を積んでいく形をとりました。職場はスポーツ整形外科なので、故障を抱えた様々な患者さんが来院されます。テーピングは専門 技術を必要としますが、学校で学んだ知識とトレーナーとしての経験を生かした処置で、最近ではドクターから誉めていただける ようにもなりました。整復やテーピング等も、経験を積まなければ上達しません。学校で得た知識と実践できる職場、それらが あって今の私があるのだと思います。これから柔道整復師を目指す人は、資格取得の勉強だけでなく、人としての幅を広げる勉強もして、素敵な柔道整復師になってください。

育成分野のトレーナーとして幅広く活動していきたい

利用者の方の笑顔と感謝の言葉が喜びに

2010年卒 第5期生 渡邉 賢司 KENJI WATANABE デイサービス経営

2010年卒 第5期生渡邉 賢司KENJI WATANABE

高等学校卒業⇒社会人⇒関東柔整
⇒臨床経験を積み、接骨院開業、
デイサービスここらっせ開設

以前はフィットネス・クラブで運動指導の仕事をしていました。ストレッチなど健康維持を目的とした簡単なものでしたが、身体に故障を抱えている方も多く、何とか力になってあげたいと思うようになりました。柔道整復師の資格を知ったのもこの頃です。資格を取得できる学校をいくつか調べましたが、関東柔整は働きながら学ぶことができ、通いやすかったのが選んだ理由です。学校には毎日仕事を終えてから通学していました。仕事と学業の両立は、決して楽ではありませんでしたが「身体を痛めている人たちの力になってあげたい」という目標のため、頑張ることができました。現在は自身の整骨院を開業し、日々患者さんのケアに努めています。
来院する患者さんは、身体はもちろんですが、心にも悩みを抱えているケースもあります。人の身体に触れる仕事ですから、心身ともにケアできるよう心がけています。女性の患者さんが安心して施術を受けられる整骨院をめざしています。これから柔道整復師をめざす人は、人が好きで人に興味が持てる人に向いている仕事です。夢に向かって頑張ってほしいです。

利用者の方の笑顔と感謝の言葉が喜びに