奨学金制度

奨学金制度

次に紹介する奨学金制度及び教育ローン等を利用することが出来ます。

日本学生支援機構奨学金

独立行政法人 日本学生支援機構
https://www.jasso.go.jp
日本学生支援機構は、文部科学省所管の独立行政法人で勉学意欲がありながら、経済的理由により修学が困難な学生に対し、人物・健康・学力・家計について総合的に 審査し、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」を行います。
1.貸与型奨学金

①募集時期
4月下旬(高校生は進学前に奨学金の予約をする制度(予約採用)があります。現在、在学している学校へお問い合わせください。)

②返還
本校卒業後6カ月後から返還

③種類及び貸与月額、審査基準 等

種類 貸与月額
第一種奨学金
(利息なし)
自宅通学者
20,000円/30,000円/40,000円/53,000円から希望額を選択
自宅外通学者
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円から希望額を選択

審査基準
経済的理由により修学に困難で優れた学生等であると認められる人。
第二種奨学金
(利息あり)
20,000円~120,000円(10,000円刻み)

審査基準
第一種奨学金より緩やかな審査基準

利息
「利率固定方式」または「利率見直し方式」から選択した利率の算定方法にしたがい、貸与終了月の貸与利率が適用されます。
  (2020年4月現在 利率固定方式:0.157、利率見直し方式:0.003)
貸与型
- 第一種奨学金【無利息】

[貸与月額]
自宅通学者・・・20,000円/30,000円/40,000円/53,000円
自宅外通学者・・・20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円

[返還方法]
貸与終了後に、振替用口座(リレー口座)に加入し、6ヶ月の据置期間経過後、返還。
返済方法は、『月賦返還』『月賦・半年賦併用返還』または『所得連動変換方式』のいずれかを選択。

- 第二種奨学金【有利息・利率は年3.0%が上限、在学中は無利息】

[貸与月額]
20,000円~120,000円(10,000円刻み)

[返還方法]
貸与終了後に、振替用口座(リレー口座)に加入し、6ヶ月の据置期間経過後、返還。
返済方法は、『月賦返還』または『月賦・半年賦併用返還』のいずれかを選択。

2.給付型奨学金、入学金・授業料減免

①お申し込み資格
次の(1)または(2)のいずれかに該当する人が申し込めます。
(1)2021年3月に高等学校等(本科)を卒業予定の人
(2)高等学校等(本科)を卒業後2年以内の人

②対象になる学生
次の2つの要件を満たす学生が対象です。
(1)世帯収入や資産の要件を満たしていること。(住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯)
(2)学ぶ意欲がある学生であること。(成績だけで判断せず、レポートなどで学ぶ意欲を確認)

③支援を受けられる額
支援として給付型奨学金と授業料等の減免があり、世帯収入に応じた3段階の基準で支援額が決まります。

※日本学生支援機構の進学資金シミュレーターで給付型奨学金・授業料減免の対象になるか、おおよその確認ができます。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

④申込方法
進学する前年度に在籍する高等学校等より申込関係書類を受取り、手続きをお願いします。
進学後の在学採用もあります。

給付型

[貸与月額]
30,000円(自宅通学者)/40,000円(自宅外通学者)
予約採用について
進学する前にお申し込みができます。

[返還方法]
2020年3月に高等学校等を卒業予定の人
高等学校等を卒業後2年以内の人(ただし、大学等へ入学したことのある人は除く)

[お問合わせ先]
在学中の学校(または出身校)

東京都育英資金

公益財団法人 東京都私学財団
https://www.shigaku-tokyo.or.jp
東京都育英資金は、東京都私学財団が管理・運営している奨学金制度で、申込者とその保護者が都内に住所を有しており、勉学意欲がありながら経済的理由により就学が困難な学生に対し、希望者の中から選考の上、奨学金を貸与します。

①対象者
生徒本人

②申し込み資格
・申込者と保護者(申込者の税法上の扶養者)が、都内に住所を有していること
・勉学意欲がありながら、経済的理由により修学が困難であること
世帯年収(所得)の目安:1,300万円(4人世帯(父母と子供3人)の場合)
※一人の収入が975万円を超えると不可です。

③貸付金額
53,000円(貸付月額)

④融資利率
無利子

⑤返済期間
本校卒業後6カ月後から返済開始
最長返還期間:14年

⑥返済方法
年2回 (7月と12月)または年1回 (7月または12月)、口座からの振替(引落し)を行います。

[貸与月額(無利息)]
53,000円

[返還方法]
貸与終了後、6ヶ月の据置期間経過後、口座振替の方法による年賦(年1回)又は半年賦(年2回)で返還。

教育ローン

 日本政策金融公庫(教育一般貸付 (国の教育ローン))

https://www.jfc.go.jp

高校、大学、専修学校などに入学又は在学される方の保護者に対して、入学金、学校納付金などの入学費用や、授業料、通学費などの在学費用をご融資する制度です。

①対象者
入学・在学される方の保護者

②申し込み資格
世帯で扶養している子供の人数と世帯年収(所得)によって異なります。

子供の人数 世帯年収(所得)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)

③貸付金額
350万円(上限)
※一定の要件に該当する場合は、子供1人につき上限450万円まで借入れが可能です。

④融資利率
年1.70%(固定金利・保証料別)※2020年5月1日現在
※母子家庭、父子家庭または世帯年収により優遇あり

⑤返済期間
15年以内(母子家庭、父子家庭、世帯年収等により、18年以内となる場合があります)

⑥返済方法
元利均等返済: 元金と利息を合わせた毎月の返済額が一定
※在学期間中は、元金を据え置いて利息のみのお支払いとすることもできます

⑦電話でのお問い合わせ
教育ローンコールセンター 0570-008656

[対象者]
入学・在学される方の保護者で、世帯年収が990万円(事業所得者については770万円)以内の方

[融資金額]
入学時と在学中、合わせて350万円以内

[融資利率]
年1.78%(固定金利・保証料別) ※2019年4月1日現在
母子家庭、父子家庭または世帯年収200万円(所得122万円)以内の方または子ども3人以上(※)の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は年1.38%(固定金利・保証料別)
※お申し込みいただく方の世帯で扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。

[返済期間]
15年以内(交通遺児家庭、母子家庭、父子家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方または子ども3人以上(※)の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は18年以内)
※お申し込みいただく方の世帯で扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。

[返済方法]
毎月元利均等返済(ボーナス月増額返済や繰上返済も選択可能)

[お問い合わせ]
教育ローンコールセンター 0570-008656


詳しくは各ホ-ムペ-ジをご覧ください。