柔道整復師とは

柔道整復師とは

柔道整復師とは?身近な例でいえば、「地域の人から頼りにされる接骨院の先生」が柔道整復師です。骨折や捻挫、打撲などのケガを手術に頼らず柔道整復の技術(手技)よって施術します。柔道整復師は、「接骨院・整骨院」のほか「病院の整形外科」、機能訓練指導員として介護や福祉の分野などで活躍し、最近ではスポーツトレーナーとしてとしての需要も高く、スポーツ分野で働く柔道整復師も増えています。自分で開業できることも柔道整復師の魅力です。

柔道整復師とは、厚生労働省が認定した柔道整復専門学校で必要な授業を全て修了した上で、柔道整復師国家試験に合格することで資格を取得することができます。

柔道整復師の仕事とは?

柔道整復師の仕事とは、人体の骨折、脱臼、捻挫、打撲などの患部を整復することをいい、スポーツや不慮の事故による運動器官の皮下損傷をメスを使用することなく治療をすすめていくのが柔道整復師の仕事なのです。例えば、骨、筋肉、腱をはじめ靭帯、関節包、椎間板などの関節円板や関節半月、関節軟骨を対象に、骨折や脱臼、打撲、捻挫、突き指、ぎっくり腰やムチウチなどの症状に対して施術を行っていきます。施術は、「整復」「固定」、そして手技療法、運動療法、物理療法の「後療」が主体で、これらをもって人間に本来備わっている「自然治癒力」を高めていきます。ただし、脱臼または骨折に対する施術には医師の同意を必要とし(応急手当をする場合は除く)、外科手術、投薬、レントゲンの撮影は禁止されています。

保険の取り扱い(療養費払い)ができることから、接骨院を開院して地域医療に貢献する人、整形外科を設置している病院に勤務する人、またスポーツトレーナーとして活躍する人等、柔道整復師の仕事とは活躍フィールドは多岐に及んでいます。

柔道整復師資格と鍼灸師資格の違とは?

柔道整復師資格と鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)は、どのように違う資格なのかについて説明します。

鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)と、どのように違う資格なのかについて説明します。

柔道整復師資格とは骨や関節を整復・固定して、じん帯や筋・腱等の損傷を改善します。また、柔道整復師資格とは基本的に器具を使わず手技のみで治療を施します。

鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)とは鍼や灸を使ってツボを刺激し治療や体調を整えます。あん摩マッサージ指圧師資格とはマッサージ、あん摩及び指圧等を駆使して筋肉を摩ったり揉みほぐすことで治療します。いわゆる「マッサージ師」と呼ばれる人たちのことです。

柔道整復師資格の就職先とは?

柔道整復師に必要なものとは?

現在、医療の現場では病気や怪我の治療はもちろん、心のケアの重要性が説かれるようになっています。柔道整復師も例外ではありません。
基本的に『自然治癒力』を高める治療法ですから、早期回復をはかるためには、損傷部位の把握と平行して患者様の気持ちを和らげ、前向きにするためのコミュ ニケーションを十分に取る必要があります。つまり柔道整復師には、優れた医療技術者であると同時に、患者様の生活全てをサポートするアドバイザーとしての資質も問われるわけです。

Judoセピラー