カリキュラム概要・詳細

柔道整復師学科 3年課程/昼間部【60名】9:30~15:00

柔道整復師学科

東西医学の原点から最先端まで基礎知識をトータルに習得します

医療分野はもちろん介護・福祉といった新しい分野での活躍も期待される柔道整復師。
また柔道整復術は、柔道を起源としていることからスポーツトレーナーをはじめとするスポーツ医療分野からも注目を浴びています。
本校では、時代の現状をとらえ次代に対応できる柔道整復師の育成をめざします。

タイムテーブル 1学年/参考例

時間割
1時限
9:30~11:00
心理学薬理学包帯実技生物学生理学I
2時限
11:10~12:40
基礎柔道
整復学Ⅱ学
情報
リテラシー
医学史柔道I解剖学I
3時限
13:30~15:00
  基礎柔道
整復学I
 基礎柔道
整復学Ⅲ
タイムテーブル①
タイムテーブル②

カリキュラム詳細

柔道整復師氏に求められる様々な知識・技術を習得

柔道整復師として社会に貢献するには、まず国家試験を突破しなければなりません。
また、実社会に出てからの現場力の修得も不可欠です。
本校では、考察を重ねた効率的なカリキュラムを実践し、きめ細やかにサポートしていきます。

カリキュラム

カリキュラム1年次2年次3年次
学びの流れ基礎医療知識や一般教養など、医療人としての基礎分野が中心となります。人体の構造と形態を中心に、機能及び臨床との関連について、柔道整復師として必要な範囲において幅広く学びます。1年次に学んだ基礎知識を応用へと高めながら、専門的医療知識を身につけます。関節・運動器の構成や整形外科疾患、疾病の病理一般及び代表的運動器疾患等に関わる病理などについて学びます。柔道整復師として活躍するための最終準備段階に入ります。国家試験対策及び、多様な柔道整復実技をはじめ、卒業後、現場で即戦力として活動できるよう臨床実習を重ねていきます。
基礎分野科学的思考の基礎人間と生活心理学
薬理学
生物学
健康科学
英語
情報リテラシー
専門基礎分野人体の構造と機能解剖学Ⅰ
生理学Ⅰ
解剖学Ⅱ
生理学Ⅱ
運動学Ⅰ・Ⅱ
解剖学Ⅲ
生理学Ⅲ
疾病と傷害一般臨床医学Ⅰ
外科学概論Ⅰ
整形外科学
病理学概論
リハビリテーション医学
一般臨床医学Ⅱ
外科学概論Ⅱ
柔道整復術の適応柔道整復術の適応
保健医療福祉と
柔道整復の理念
職業倫理
医学史
柔道Ⅰ
衛生学・公衆衛生学Ⅰ
柔道Ⅱ
衛生学・公衆衛生学Ⅱ
関連法規
柔道Ⅲ
社会保障制度社会保障制度
専門分野基礎柔道整復学基礎柔道整復学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
臨床柔道整復学臨床柔道整復学Ⅰ臨床柔道整復学Ⅱ・Ⅲ臨床柔道整復学Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・ Ⅶ
柔道整復術適応の臨床的判定
柔道整復実技柔道整復実技Ⅰ
包帯実技
柔道整復実技Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ柔道整復実技Ⅴ・Ⅵ・ Ⅶ
高齢者・競技者の外傷予防
臨床実習臨床実習Ⅰ・Ⅱ臨床実習Ⅲ・Ⅳ

Pick up授業

Pick up授業
解剖学

人体の骨格・筋・神経及び各器官の構造と機能を学習します。

生理学

人体に見られる生命現象・生理的活動などを学び、身体の正常な働きを理解します。

基礎柔道整復学

柔道整復の枠組みと理論を理解し骨折、脱臼、捻挫等の定義、概念、施術法など柔道整復師としての基盤を修得します。

臨床柔道整復学

骨折、脱臼、捻挫等の治療法などを部位別に学びます。また、柔道整復術に関しての社会的要請の多様化に対応できる能力を養います。

柔道整復実技v

骨折、脱臼、捻挫等の整復術を実習を通して学びます。また、施術に欠かせないさまざまな材料の利用法についても学習します。

一般臨床医学

柔道整復師の業務に必要な臨床医学の知識を幅広く学びます。

病理学概論

疾病の病理一般及び代表的運動器疾患等に関わる事項について学びます。

リハビリテーション医学

リハビリテーション医学一般及びその関連領域について学びます。

衛生学・公衆衛生学

健康の保持、予防医学のほか環境と健康、地域保険・衛生行政策等について学習します。