「タチカワがいい」柔道整復師学科の授業

柔道整復師学科の授業

2年生の柔道整復実技の授業を取材してまいりました。2年生が徒手検査法を教わっている様子が新鮮です❗️検者、患者、助手の役割を交代しながら、診察と検査法を練習しています。最初はプリントを見ながらでしたが、練習を重ねるうちにほとんどプリントを見ずに流れがわかるようになってきた様子です。交代のたびに手指の消毒をして、感染対策を自主的に行う様子は、さすがの2年生です👏 1年生の時から密着している学生の成長が嬉しく感じる、授業の取材となりました❣️

現在、臨床実習に参加している3年生ですが、本校附属の あけぼの整骨院 でも臨床実習を受け入れ、実施しております。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、患者様と学生の安全を第一に鑑み、「患者様に電気器具を設置したりといった直接の接触を避け、実習を実施しています」と、あけぼの整骨院の田村 美穂 先生。田村先生は「臨床実習指導者講習会」を受講され、実習を指導されています。田村先生の指導のもと、治療に使用する器具を消毒したり、超音波治療機の使い方や足関節のテーピングの練習を行っている様子です。また、空き時間には国家試験対策の勉強を行うなど、3年生らしい時間の過ごし方も垣間見えました📝
同じく立川にある あすなろクリニック 様にも2名の学生の実習を受け入れて頂いております。こちらも大変頑張っている様子、「1年生の時よりも知識が増えたので、実習が楽しい!」との感想があったそうです😊また、実習を受け入れてくださった本校の卒業生からも、実習に伺った学生が素直で明るく意欲があるとお褒め頂き、そんな彼らに知識を沢山伝えたいと様々な工夫をしてくださっている様子もご紹介くださいました❗️

本校では、3年生に向けた就職ガイダンスと合同企業説明会を実施いたしました。
就職ガイダンスでは、八王子新卒応援ハローワークのジョブサポーターより就活レクチャーをして頂きました。お話は労働法や社会保険、内定を頂いた際の注意点や求人票の見方と、多岐にわたる内容となりました。働いていくには、いろんな知識が必要になりますので、まずは知ることで自分の身を守ることができます❗️と大変参考になるお話を伺いました。
ガイダンスの翌日には、施術所と企業参画型の就職説明会が行われました。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、フェイスシールドを着用し、ブースに人数上限を設けるなど、感染対策を徹底して実施いたしました。学生は少し緊張しながらも、各ブースにてお話を伺わせて頂きました😊中には、…あら⁉️本校の卒業生が来校してくださった企業も❗️活躍を拝見することができ、大変嬉しいサプライズでした✨
学生のみなさんは前日のレクチャーを踏まえ、たくさんの情報を伺うことができたでしょうか⁉️ 今回をきっかけに、順調な就職活動のスタートを切ることができたに違いありません。みなさんの希望の就職が叶うよう、サポートを続けてまいります😌最後になりましたが、今回の開催にあたりまして、ハローワークご担当者様、ご参加くださいました企業のご担当者様、セリアジョブズ様、ありがとうございました😌

3年生の登校日は、実技系の授業が多く行われています‼️この日は、「柔道整復実技」と「柔道」の授業です。基礎医学実習室と、柔道場にお邪魔してまいりました☺️
「柔道整復実技」では、鎖骨定型的骨折を想定した診察と整復の練習とのこと。認定実技審査を踏まえていますので、受審者や助手、患者モデルといった役を交代で行います。担当教員の加藤先生が細部まで点検、確認していました❗️
「柔道」の授業でも、認定実技審査を念頭に置いた練習です。今野先生と水村先生の見本を見ながら、早速実践‼️🥋少し久しぶりの柔道、週に1度の授業となりますので、普段から練習したり身体を柔らかくするよう動かしておくことも必要☝️と先生からのアドバイスもありました😙
どちらの授業も秋の認定実技審査本番には、しっかりと成果を活かせるようにする必要があります😳「できるかな…❓」と不安気な様子の学生のみなさんですが、昨年の先輩たちも練習を重ねて自信を付けていった姿を見ておりますので、3年生のみなさんも練習することで、きっと自信を持って認定実技審査に臨むことができるに違いありません😊✨
感染症対策をしながらの実技授業となりますが、引き続きひとりひとりが気をつけて過ごし、協力して感染症予防をしてまいりましょう😌